ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特設サイト「鎌倉殿×13人の重臣たち」


トピックス

鎌倉殿と13人の重臣たち

鎌倉は、源頼朝が幕府を開いてから1333年に滅亡するまでの約150年にわたり、武士が政権を握った武家政権誕生の地です。三方を山に囲まれ、正面に海が広がる鎌倉には、今なお、幕府の象徴である鶴岡八幡宮をはじめとする社寺や切通しなど、往時の雰囲気を偲ばす史跡が残ります。

2022年1月より大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が始まります。これまで定番だった観光地はもちろん、ドラマの主人公である北条義時をはじめ、鎌倉殿を支える13人の重臣たち、そして頼朝、頼家、実朝と継承された鎌倉殿のエピソードやゆかりの場所などに注目が集まりそうです。

「鎌倉殿×13人の重臣たち~鎌倉時代をめぐる旅~」では、鎌倉殿と義時を中心に、関連する事象、人物、史跡、周辺観光施設などを広く紹介し、最新トピックスやSNSなども随時更新していきます。鎌倉のまち歩き、再発見の旅にお役立てください。

 

1_鎌倉殿×13人の重臣たち

系図

年表1年表2

 

治承4年(1180)、源頼朝は平家打倒の兵を挙げます。そのはじまりは、僅かな兵からなる「反乱軍」でしたが、勢力は瞬く間に膨れあがり、新たな政権「鎌倉幕府」を創り上げていきました。頼朝のもとに集った人々は、自らの主の意を込めて、頼朝を「鎌倉殿」と呼びます。頼朝の死後、息子頼家が鎌倉殿を継承しますが、その地位は決して安定したものではありませんでした。この鎌倉殿を支える存在として選ばれたのが、北条義時をはじめとする13人の重臣たちでした。彼らは9人の東国武士と4人の文筆吏僚で構成されていました。

\ 13人の重臣たちってどんな人たち? /
人物詳細はこちら


 
源頼朝が幕府を開いて以降、鎌倉が武家の都として隆盛したことは知っていても、鎌倉時代150年のさまざまな出来事について、実はよく知らないという人も多いのではないでしょうか。令和4年には大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が放送される予定です。登場人物ゆかりの地である鎌倉市では、その時代背景や人物の魅力をお伝えする取組みとして「広報かまくら」で「鎌倉殿通信」を連載しています。

\鎌倉歴史文化交流館学芸員がお伝えします/
連載「鎌倉殿通信」


 
鎌倉殿を支えた13人の重臣の人物像やゆかりの地をお手元でご覧いただくため、鎌倉市では鎌倉殿を支えた13人の重臣ガイドブックを作成しました。印刷してご活用ください。

\印刷するとA5サイズの冊子になります/
鎌倉殿を支えた13人の重臣ガイドブック

 

2_ゆかりの地

鎌倉市内にある鎌倉殿と13人の重臣たちのゆかりの地をご紹介します。

エリアで探す

鎌倉地図

▼エリア名をクリックしてください
1.鎌倉駅周辺 5.稲村ガ崎・七里ガ浜・腰越
2.金沢街道周辺 6.鎌倉山・西鎌倉・深沢
3.大町・材木座 7.北鎌倉駅周辺
4.由比ガ浜・長谷・極楽寺 8.大船駅周辺

 

人物で探す

▼人物をクリックしてください

北条 義時
北条義時

北条 時政​
北条時政

安達 盛長
安達盛長

梶原 景時​
梶原景時

比企 能員
比企
三浦 義澄​
三浦義澄

和田 義盛
和田義盛

足立 遠元
足立遠元

八田 知家
八田知家

中原 親能
中原親能

大江 広元
大江広元

三善 康信​
三善康信
二階堂 行政​
二階堂行政

 

 

鎌倉殿・13人の重臣ゆかりの地をめぐるコース

鎌倉殿・13人の重臣ゆかりの地 周遊マップ
>>「鎌倉殿・13人の重臣ゆかりの地 周遊マップ」のダウンロードはこちら [PDFファイル/2.32MB]<<
 

▼コース名をクリックしてください

亀ヶ谷坂を抜け山内荘へ―祈りと鎮魂の路―横大路から法華堂へーいざ幕府草創の地へー
六浦路をたどる―鎌倉殿の願い・義時の祈り―比企谷から大町大路へ―重臣たちの夢のあとー
極楽寺坂を抜け腰越へ―鎌倉の境界と義経伝説ー

 

大河ドラマ館発ガイドツアー

 

みんなでつくろう 鎌倉幕府 ~1人ひとりの想いが繋がる~

モザイクアート

源頼朝が守護・地頭を設置し、鎌倉幕府の基礎が築かれた文治元年(1185年)にちなみ、1185個のピースに皆さんの顔写真を使い、モザイクアートを制作します。

このモザイクアートは鎌倉文華館 鶴岡ミュージアム1階に設置しますが、webサイト上でもご覧いただけるよう当ホームページにも掲載します。

「みんなでつくろう鎌倉幕府」詳細はこちら

鎌倉を盛り上げるため、是非皆様のお力をお貸しください。

 

画像:第1期モザイクアート「鎌倉鳩の13羽」
※1期は事業関係者の写真で制作したものになります。

 

 

 

4_関連情報

 

5_リンク集

  • YouTube 公式チャンネルのご紹介
    鎌倉市観光協会や鎌倉歴史文化交流館×鎌倉国宝館の公式YouTubeチャンネルをご紹介します。​
  • 近隣市町の観光協会・ゆかりの地
    鎌倉市近隣にある鎌倉殿と13人の重臣たちの​ゆかりの地と観光協会をご紹介します。
  • 鎌倉国宝館
    昭和3年に開館した歴史・美術の博物館で、鎌倉市域、近隣の社寺に伝来する彫刻・絵画など様々な文化財を展示しています。2022年は鎌倉殿と13人の重臣に関連する展覧会の開催を予定しています。
  • 鎌倉歴史文化交流館
    鎌倉の通史や出土品を紹介する博物館。2022年は北条義時とその時代に関連する展覧会を年4回開催する予定です。無量寺谷と呼ばれるこの谷には13人の重臣の1人、安達氏の菩提寺などがあったと考えられています。
  • 当ページのリンクについて
    特設サイト「鎌倉殿×13人の重臣たち~鎌倉幕府をめぐる旅」のリンクについてはこちら

  

 

 

【ご協賛いただいた団体様】(敬称略)

奌心庵​/株式会社大森商店/湘南信用金庫/鶴岡八幡宮
中日本高速道路株式会社/株式会社戸井田工務店/鹿島建設株式会社/株式会社ニップン


面白法人カヤック/株式会社タイヘイ横浜

有限会社ナカムラ生花/鎌倉商工会議所/デンカ株式会社大船工場/株式会社横浜銀行
株式会社みずほ銀行/株式会社常盤製作所/株式会社三菱UFJ銀行/江ノ島電鉄株式会社
東日本旅客鉄道株式会社 横浜支社


​​アマヤ・パートナーズ税理士法人/tenicom合同会社/株式会社平岡/株式会社クラフトヒロ
有限会社若宮大路ビル/株式会社鈴木水産/華正樓 鎌倉/鎌倉食品衛生協会
湘南モノレール株式会社/鎌倉パークホテル/神奈川トヨタ自動車株式会社/かながわ信用金庫
英国アンティーク博物館 BAM鎌倉/FMヨコハマ/大蔵頼朝商店会/株式会社ジェイコム湘南・神奈川

一般社団法人神奈川県バス協会​/株式会社日向建設/鎌倉由比ガ浜商店街振興組合​
株式会社グローバルMICE&Pコミュニケーションズ/厚木商工会議所​/お好み焼津久井​​​​
三浦商工会議所​​​​/鎌倉表駅商友会/ウランブル鎌倉/諸国和紙 社頭/大船商栄会
藤沢商工会議所/八幡宮前商店会/東京ガスエネワーク株式会社/富士チャイルドアカデミー
鎌倉由比ガ浜中央商業協同組合/株式会社COCO - HOUSE/スルガ銀行株式会社鎌倉支店
相模ガス株式会社/株式会社静岡銀行大船支店/株式会社YKセキュリティ/東邦精機株式会社
茅ヶ崎商工会議所/鎌倉はんこ/かいひん荘鎌倉/鎌倉小町商店会
株式会社鎌倉ハム富岡商会/横須賀商工会議所/山田サービサー総合事務所/大仏通り商店会
扶桑電機株式会社


有限会社稲村亭​​/湘南科学株式会社​/Latteria BeBe kamakura/チャレンジャー・カンパニー株式会社
合資会社帝国堂時計店​​/かもめ総合司法書士事務所​/鎌倉横小路振興会​/​​日建住宅株式会社
株式会社鎌倉彫金工房​​/上河原商工振興会/有限会社広瀬電機商会/湘南一番街商店会
内田由紀司法書士事務所/鎌倉ビール醸造株式会社/ビストロ オランジュ/大町商店会
有限会社ミクニ靴鞄店/株式会社博古堂/株式会社間タオル/ジャズクラブダフネ

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

▼大河ドラマ館公式サイトはこちら
大河ドラマ館<外部リンク>

大河ドラマ館公式Twitter<外部リンク>

鎌倉観光混雑マップ<外部リンク>

点心庵<外部リンク>

大森商店<外部リンク>

湘南信用金庫<外部リンク>

鶴岡八幡宮<外部リンク>

NEXCO中日本<外部リンク>

戸井田工務店<外部リンク>

鹿島建設<外部リンク>

株式会社ニップン<外部リンク>

面白法人カヤック<外部リンク>

ナカムラ生花<外部リンク>

鎌倉商工会議所<外部リンク>

デンカ<外部リンク>

横浜銀行<外部リンク>

みずほ銀行<外部リンク>

常盤製作所<外部リンク>

三菱UFJ銀行<外部リンク>

江ノ島電鉄株式会社<外部リンク>

JR東日本横浜支社<外部リンク>