ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特設サイト「鎌倉殿×13人の重臣たち」


鎌倉殿と13人の重臣たち

鎌倉は、源頼朝が幕府を開いてから1333年に滅亡するまでの約150年にわたり、武士が政権を握った武家政権誕生の地です。三方を山に囲まれ、正面に海が広がる鎌倉には、今なお、幕府の象徴である鶴岡八幡宮をはじめとする社寺や切通しなど、往時の雰囲気を偲ばす史跡が残ります。

2022年1月より大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が始まります。これまで定番だった観光地はもちろん、ドラマの主人公である北条義時をはじめ、鎌倉殿を支える13人の重臣たち、そして頼朝、頼家、実朝と継承された鎌倉殿のエピソードやゆかりの場所などに注目が集まりそうです。

「鎌倉殿×13人の重臣たち~鎌倉時代をめぐる旅~」では、鎌倉殿と義時を中心に、関連する事象、人物、史跡、周辺観光施設などを広く紹介し、最新トピックスやSNSなども随時更新していきます。鎌倉のまち歩き、再発見の旅にお役立てください。

 

1_鎌倉殿×13人の重臣たち

相関図年表

治承4年(1180)、源頼朝は平家打倒の兵を挙げます。そのはじまりは、僅かな兵からなる「反乱軍」でしたが、勢力は瞬く間に膨れあがり、新たな政権「鎌倉幕府」を創り上げていきました。頼朝のもとに集った人々は、自らの主の意を込めて、頼朝を「鎌倉殿」と呼びます。頼朝の死後、息子頼家が鎌倉殿を継承しますが、その地位は決して安定したものではありませんでした。この鎌倉殿を支える存在として選ばれたのが、北条義時をはじめとする13人の重臣たちでした。彼らは9人の東国武士と4人の文筆吏僚で構成されていました。

\ 13人の重臣たちってどんな人たち? /
人物詳細はこちら


 
源頼朝が幕府を開いて以降、鎌倉が武家の都として隆盛したことは知っていても、鎌倉時代150年のさまざまな出来事について、実はよく知らないという人も多いのではないでしょうか。令和4年には大河ドラマ「鎌倉殿の13人」が放送される予定です。登場人物ゆかりの地である鎌倉市では、その時代背景や人物の魅力をお伝えする取組みとして「広報かまくら」で「鎌倉殿通信」を連載しています。

\鎌倉歴史文化交流館学芸員がお伝えします/
連載「鎌倉殿通信」


 
鎌倉殿を支えた13人の重臣の人物像やゆかりの地をお手元でご覧いただくため、鎌倉市では鎌倉殿を支えた13人の重臣ガイドブックを作成しました。印刷してご活用ください。

>>​鎌倉殿を支えた13人の重臣ガイドブック<<

 

2_ゆかりの地

鎌倉市内にある鎌倉殿と13人の重臣たちのゆかりの地をご紹介します。

エリアで探す

鎌倉地図

▼エリア名をクリックしてください
1.鎌倉駅周辺 5.稲村ガ崎・七里ガ浜・腰越
2.金沢街道周辺 6.鎌倉山・西鎌倉・深沢
3.大町・材木座 7.北鎌倉駅周辺
4.由比ガ浜・長谷・極楽寺 8.大船駅周辺

 

人物で探す

▼人物をクリックしてください

北条 義時
北条義時

北条 時政​
北条時政

安達 盛長
安達盛長

梶原 景時​
梶原景時

比企 能員
比企
三浦 義澄​
三浦義澄

和田 義盛
和田義盛

足立 遠元
足立遠元

八田 知家
八田知家

中原 親能
中原親能

大江 広元
大江広元

三善 康信​
三善康信
二階堂 行政​
二階堂行政

 

 

4_関連情報

 

5_リンク集

  • YouTube「かまくらミューズちゃんねる」<外部リンク>
    鎌倉歴史文化交流館×鎌倉国宝館公式YouTubeチャンネル​
  • 近隣市町の観光協会・ゆかりの地
    鎌倉市近隣にある鎌倉殿と13人の重臣たちの​ゆかりの地と観光協会をご紹介します。
  • 鎌倉国宝館
    昭和3年に開館した歴史・美術の博物館で、鎌倉市域、近隣の社寺に伝来する彫刻・絵画など様々な文化財を展示しています。2022年は鎌倉殿と13人の重臣に関連する展覧会の開催を予定しています。
  • 鎌倉歴史文化交流館
    鎌倉の通史や出土品を紹介する博物館。2022年は北条義時とその時代に関連する展覧会を年4回開催する予定です。無量寺谷と呼ばれるこの谷には13人の重臣の1人、安達氏の菩提寺などがあったと考えられています。
  • 当ページのリンクについて
    特設サイト「鎌倉殿×13人の重臣たち~鎌倉幕府をめぐる旅」のリンクについてはこちら