ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「能を知る会 鎌倉公演 -平家物語と能-」


「能を知る会 鎌倉公演 -平家物語と能-【俊寛】【小督】」
2022年7月2日(土)朝の部10時00分/昼の部14時00分

令和4年7月2日土曜日「能を知る会鎌倉公演」朝の部は、平家物語を題材とした僧都俊寛の絶望をまざまざと見せる名曲「俊寛【しゅんかん/Shunkan】」を上演致します。鹿ヶ谷の陰謀を受け鬼界島に流された3人。そのうち俊寛だけが赦免されずに取り残され、絶望しながら船出を見送ることしか出来なかったやるせなさを感じられます。

狂言は臆病者の新発意【しんぼち】(仏門に入って間もない者)が小川を飛び越えられない様を面白おかしく滑稽に描いた名曲「飛越【とびこえ/Tobikoe】」を上演致します。


昼の部は、月下に響く琴の音という美しい情景の名曲「小督【こごう/Kogou】」を上演致します。平清盛の娘・中宮との諍いから出奔し行方をくらませた小督の局と、帝の命によりそれを探しに出た源仲国が、八月十五夜、月下の嵯峨野にて昔なじみの局の琴の演奏により再会する、というあらすじとなっております。駒之段という、仲国が馬に乗って局の行方を探し求める場面も見所のひとつです。

狂言は、謡の上手い太郎冠者がその才を出し渋る様が滑稽な名曲「寝音曲」を上演致します。自分の才をタダでは発揮せず、のらりくらりと小出しにする様を面白おかしく描いた作品です。

解説は、国文学研究資料館名誉教授・小林健二氏に、平家物語と能についてお話し頂きます。能には、現代語訳をした字幕を場内3箇所のモニターに写し出し、わかりやすく解説し、能初心者の方にも研究家の方にも楽しめる演出となっております。

0702


◆日時 2022年7月2日(土)
朝の部10時00分/昼の部14時00分
◆会場 鎌倉能舞台(江ノ電長谷駅下車徒歩7分)
◆演目:
10時始め

講演「平家物語と能~取り残される俊寛の絶望~」小林 健二
狂言「飛越(とびこえ)」大藏 吉次郎
能「俊寛(しゅんかん)」中森 貫太

14時始め
講演「平家物語と能~月下の嵯峨野に響く琴の音~」小林 健二
狂言「寝音曲(ねおんぎょく)」大藏 吉次郎
能「小督(こごう)」佐久間 二郎


◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。
 
電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/<外部リンク>
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai<外部リンク> 
eプラス 午前の部 
https://eplus.jp/sf/detail/3577490001-P0030001P021001?P1=1221<外部リンク>
     午後の部 
https://eplus.jp/sf/detail/3577480001-P0030001P021001?P1=1221<外部リンク>

syunkan kogou

基本情報

住所

鎌倉市長谷3-5-13

アクセス

江ノ電長谷駅下車徒歩7分

電話番号

0647-22-5557

営業時間

◆日時 2022年7月2日(土)
朝の部10時00分/昼の部14時00分

入館/入場料

◆入場料 6380円 (プラス1000円で座席指定可能です)