ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

妙本寺


妙本寺

みょうほんじ
【日本遺産027】

 

日本遺産のロゴマーク

 

開基/比企能本
開山/日朗(妙本寺の見解では日蓮)

 

初代執権北条時政に滅ぼされた
比企一族の生き残りである比企能本が
1260(文応元)年に創建したと
伝えられています。

 

妙本寺

 

鎌倉時代、比企谷には
比企能員の一族が住んでいました。
能員の娘は将軍源頼家の側室となり
一幡を生みました。
 

1203(建仁3)年、
頼家が重い病気にかかったとき
万一の場合に次の将軍を誰にするかをめぐって
頼家の弟千幡(※1)を推す人々と
一幡を推す人々で意見が対立しました。

 
このとき能員は頼家に訴えて
強引に政治の実権を一幡に譲らせようと動き
時政に殺されてしまいました。
 

そして一幡を擁して
比企谷にたてこもった比企一族も
この地で滅ぼされてしまいましたが
そこから辛くも生きのびたのが
当時2歳だった比企大学三郎能本です。

 

妙本寺の写真1

 

能本は成人し、学者となって
順徳天皇に仕えましたが
やがて許されて鎌倉に帰り
日蓮上人の弟子となりました。

 
そして、父能員の屋敷跡に
比企一族の霊を弔うためお堂を建てたのが
妙本寺の始まりといわれ
日蓮に寄進(※2)したと伝えられています。

 
境内の祖師堂には
日蓮の生前の姿をうつした三体の像の一つ
といわれる座像が安置されているほか
蛇苦止堂の蛇苦止明神は
比企の乱で悲劇の入水をした若狭の局の霊が
北条政村の娘にとりついて苦しめたのを
慰めまつったといわれています。

 

妙本寺の写真2

 

妙本寺は、今も日蓮宗池上派の
格式の高い寺院の一つで
かつては一人の貫首が
池上本門寺と兼務するのを例とし
両山一首と称していました。
 

霊宝殿には国の重要文化財である
雲盤(※3)や新釈迦堂にあった釈迦如来像、
日蓮上人関係の多数の宝物が
納められています。

 

妙本寺の写真3

 

また境内奥には、
仙覚(※4)が万葉集に註訓を加えたと伝えられる遺跡や
頼家の娘で4代将軍の正室となった
竹御所(※5)の館と伝えられる場所があります。

 
初夏のシャガ、紅葉が見事です。
​事前に予約すれば、写経体験ができます。

 

妙本寺の写真4

※1:後の将軍実朝
​※2:社寺に土地や財物を寄付すること
​※3:時報の合図等として打ち鳴らす雲形の板
​※4:鎌倉時代中期の天台宗の学問僧
​※5:能員の外孫にあたる

 

 

 

【日蓮宗 霊跡本山 比企谷 妙本寺】
国指定文化財(工芸)
鎌倉市指定文化財(建造物/彫刻/工芸)
​鎌倉市指定天然記念物

 

 

基本情報

住所

鎌倉市大町1-15-1

電話番号

0467-22-0777

拝観料/入館料

志納

見どころ

比企一族墓
一幡袖塚
竹御所跡
田辺松坡漢歌碑
仙覚万葉集研究跡碑
蛇苦止明神

花の情報

[春]サクラ・カイドウ・シャガ
[夏]ノウゼンカズラ
[秋]モミジ・イチョウ

その他

【写経】
「法華経」を写経します
日 程:毎日(要予約)
時 間:10時00分~15時00分
参加費:納経料2,000円
持ち物:道具一式貸し出しあり
*事前にお電話でお問い合わせ下さい。

行き方

JR「鎌倉駅」東口より徒歩8分