ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

成就院


成就院

じょうじゅいん
【日本遺産019】

 

日本遺産のロゴマーク

 

開基/北条泰時

 

 

かつて空海(弘法大師)が諸国巡礼の折に
護摩供の修法を行ったといわれる跡に、
1219(承久元)年、
第3代執権北条泰時が創建したと
伝えられています。

 
本尊は不動明王で
良縁成就の寺として知られています。
​由比ガ浜を眺め下ろせる
眺望の良さが特色です。

 

成就院の写真4


寺伝では平安時代のはじめ、
真言宗の開祖である空海が
全国を巡って修行をしたときに、
後の成就院の裏山で
虚空蔵求聞持法を行ったと伝えられています。

虚空蔵求聞持法は、真言(※1)を百日間かけて
百万回唱えるというもので、
これを修した行者はあらゆる経典を記憶し、
理解して忘れる事がなくなるといわれます。

 
空海は、広々と海原が開け、
富士山が見える景色がよい場所で
護摩をたき続けました。

 
鈴の音があたり一面に響きわたり、
香の煙は海風にのってすみずみまで行き渡り、
この辺りの作物はよく実り、人々は安心して
毎日の生活ができるようになった
といわれます。

 

成就院の写真3

 
それから400年も後に
この話を知った北条泰時は、
空海ゆかりの場所に、
都から高僧を招いて成就院を建てました。

 
その後、相模国風土記によれば、
​1333(元弘3)年、
新田義貞の鎌倉攻めの際に兵火にあい、
一時他の場所へ移っていましたが、
江戸時代に再び現在地へ再建されたと
伝えられています。

 

成就院の写真1

 
成就院の寺宝の一つに、
平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての
真言宗の僧・文覚が自ら彫ったといわれる
「文覚上人荒行像」が伝えられています。
 

日本の近代彫刻を確立した
荻原守衛の代表作「文覚」は
この像に触発されて作られました。
 

 

 

※1 密教で真理を表す秘密の言葉

成就院の写真2

 

【普明山 法立寺 成就院】
鎌倉市指定有形文化財(建造物)​
​鎌倉三十三観音第21番

基本情報

住所

鎌倉市極楽寺1-1-5

電話番号

0467-22-3401

拝観料/入館料

志納

拝観時間/入館時間

8時00分から16時30分(夏場は17時00分頃まで)

花の情報

[春]イワタバコ
[夏]ハス
[秋]ハギ

かつて参道を彩っていたアジサイ262株は宮城県南三陸町へ2016年6月に寄贈。
その後、宮城県とのご縁でハギ(宮城県の花)の苗を新たに植えています。
(現在のアジサイは約30株です)

その他

三脚禁止

行き方

江ノ島電鉄極楽寺駅より徒歩5分