ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

Web版鎌倉市観光協会 会報「かまたび」春号


アジサイと江ノ電

2020年 春号Vol.12 公益社団法人鎌倉市観光協会 会報(Web版)

メニュー

  1. 鎌倉市観光案内所インバウンド統計(2019年12月~2020年2月期)
  2. シリーズ「鎌倉的Omotenashi(おもてなし)」Vol3 「NPO法人湘南バリアフリーツアーセンター」
  3. 「鎌倉」プロモーションフォトコンテスト(結果報告)
  4. 協会会員インタビュー「開業50周年を迎えた湘南モノレール」
  5. 新会員 紹介 
  6. 観光協会主催行事の中止について

 ●協賛社:株式会社豊島屋

⑴  鎌倉市観光案内所インバウンド統計 2019年12月~2020年2月期

鎌倉市観光総合案内所 利用者状況 

令和1年~
令和2年

外国人
(案内件数)
前年比(%) 外国人
(来所者)
前年比(%) 案内件数
(日本人含)
前年比(%)
12月 2,492 96.0 5,963 106.8 13,784 84.3
1月 2,196 102.2 5,298 112.6 11,836 78.3
2月 1,218 53.1 2,498 49.0 8,122 63.1
訪日外客 国別比率(案内所利用者)
令和1年~令和2年 1位 2位 3位 4位 5位
12月 中国1,514人(25.4%) アメリカ721人(12.1%) 香港381(6.4%) 台湾369人(6.2%) タイ357人(6.0%)
1月 中国1,987人(37.5%) アメリカ540人(10.2%) 台湾353人(6.7%) オーストラリア227人(4.3%) タイ198人(3.7%)
2月 アメリカ353人(14.1%) 中国296人(11.8%) 台湾219人(8.8%) オーストラリア174人(7.0%) 香港160人(6.4%)

 

2019年12月~2020年2月期 振り返り
新型コロナウイルスの影響により、訪日来所者数激減  ~2月は前年同月比49%の2,498人に~​

 新型コロナウイルスの影響により、鎌倉市観光総合案内所における全体の相談件数は3ヵ月連続で前年割れ。好調を続けてきた外客来所者数は、12月,1月こそ前年を超えたものの、2月で前年比49%まで一気に落ち込みました。中国圏を主とする春節休暇(旧正月)が昨年は2月初旬だったのに対し、今年は1月下旬となった影響が出たことに加え、国内外全体として旅行を自粛制限、渡航困難な状況が著しくに出た結果となりました。新型コロナウイルスの感染拡大防止を踏まえた観光案内業務は、過去に例のない対応の難しさから、勤務するスタッフも手探りで情報提供に努めました。

鎌倉駅東口
ひっそりとする鎌倉駅東口(2020年4月15日)

閑散とする小町通り
 いつもは賑やかな小町通りも別世界に(2020年4月15日)

鎌倉駅西口
鎌倉駅西口(2020年4月15日)

閉鎖する観光案内所
緊急事態宣言を受け閉所した観光案内所(2020年4月15日)

鎌倉市観光総合案内所について

(2) シリーズ「鎌倉的Omotenashi(おもてなし)」Vol3
    「NPO法人湘南バリアフリーツアーセンター」​

 鎌倉市観光協会は、2019年8月に観光庁の「バリアフリー旅行相談窓口に係る実証実験事業」に採択されました。観光で訪れた外国人障害者や高齢者などに対する案内対応の充実を図るものとして、全国で募集した結果、当協会を含む2団体が同事業の第1弾として選定されたものです。
 
 今回、バリアフリー事業の推進に当たって連携体制をとっている「NPO法人湘南バリアフリーツアーセンター」(鎌倉市雪ノ下)の榊原正博理事長に「障害者からみた鎌倉観光について」お話を聞きました。…[続きを読む

 

(3)第24回 「鎌倉」プロモーションフォトコンテスト(結果報告)

 鎌倉の魅力を伝え、鎌倉への誘客プロモーションを図ることを目的とした当協会主催の「鎌倉」プロモーションフォトコンテスト。今回のテーマは「つれていきたい鎌倉」。市内のみならず、全国各地から多数の応募があり、同コンテストを開始してから2番目に多い1,286点の作品寄せられました。
 今年も、鎌倉市在住の写真家、十文字美信委員長をはじめとする厳正なる審査を経て、25点の入賞が決定しました。最優秀賞に輝いたのは、鶴岡八幡宮の節分風景を写した「大歓声」に。「石段最上段から撮影し、全体を俯瞰したことで節分豆まき現場の熱狂の様子がそのまま伝わってくる。また、群衆一人一人の表情や細かな動きも見えることで、単なる現場の説明ではなく、大歓声の音や熱気まで想像出来るグランプリにふさわしい豪華な作品となりました」と評価されました。

 十文字審査委員長 総評

 今年は新型コロナウイルス事情で、残念ながら表彰式は中止せざるを得ない状況になってしまいました。しかし応募点数は1,286点で昨年と比較しても205点増え、多くの作品が集まりました。
 今年も優秀な作品が多く、審査に時間がかかりました。入賞した作品には1点ずつコメントを書きましたのでこれからの写真撮影の参考になれば幸いです。
 この鎌倉市観光協会の写真公募展が広く多くの人に鎌倉の魅力を再発見していただくきっかけになればと願っています。審査基準の要点は鎌倉の魅力が表現されていること、写真的に優れた作品であることです。この2つの要素が両方とも飛び抜けていれば文句なしにグランプリですが、これはなかなか難しい。どちらか一方の要素が印象的であれば良いと考えてください。但し、2つの要素が満たされていることが条件です。来年も見る人がわくわくするような作品を応募してください、楽しみに待ってます。

 「鎌倉」プロモーションフォトコンテスト 入賞作品
最優秀賞 最優秀賞(グランプリ) タイトル:「大歓声」 撮影者:牧之内 貞治
市長賞 優秀賞(鎌倉市長賞) タイトル:「バイバイ~」 撮影者:岡崎 美樹
夏の由比ガ浜 優秀賞(鎌倉商工会議所会頭賞) タイトル:「夏の由比ヶ浜」 撮影者:四位 雅文
めぐりあい 優秀賞(鎌倉市商店街連合会会長賞) タイトル:「めぐりあい」 撮影者:山内 明徳
   シルエット 優秀賞(鎌倉市観光協会会長賞) タイトル:「鶴岡八幡宮石段に写る参拝者のシルエット」 撮影者:大久保 政芳
観光賞 特別賞(観光賞) タイトル:「当てるぞ」 撮影者:出島 宏一
うたた寝 特別賞(スマホ賞) タイトル:「うたた寝」撮影者:本田 誠
*そのほか、入選作品18作品や各入賞作品の詳細については、特設サイト<外部リンク>をご覧ください。

 

(4)協会会員インタビュー「開業50周年を迎えた湘南モノレール」

  大船軒とコラボレーション!特製「鰺の押寿しと小鯛の押寿し」を販売
  大船軒特製の「鰺の押寿しと小鯛の押寿し」販売!
 △世界でも珍しい懸垂型の鉄道として知られる湘南モノレール​

 2020年3月で開業50周年を迎えた湘南モノレール。大船駅から湘南江の島駅までを約14分で結び、閑静な住宅地や、鎌倉の自然豊かな山の中を走り抜ける爽快なローカル鉄道です。
 そんな、湘南モノレールが今春で開業半世紀の節目に。3月7日には、周年記念としてセレモニーや各種イベントを実施予定でしたが、新型コロナウイルスの発生に伴い、その大半が自粛、縮小となってしまいました。盛大にお祝いするはずだった“幻の開業50周年企画”の中で何とか実現した企画、それが駅弁で有名な「大船軒」とのコラボレーション商品「鰺の押寿しと小鯛の押寿し」の販売です。
​ 通常6貫で販売している大船軒の同商品を、50周年ロゴマークを入れた特別掛け紙で包み、8貫入り1200円(税込)で3月の土日祝日限定で販売しました。すると、これが大ヒット。「完売御礼の嬉しい反応でした」「駅弁の掛け紙を集めているコレクターもいたし、中高生の鉄道ファンの方も多かったですね」と同社広報。 

     4月1日から1年間の販売決定!

     駅弁の掛け紙

 好評につき、期間を延長し、4月1日から1年間、平日でも販売を始めたのです。掛け紙も新たにイラストバージョンが誕生(=写真)。モノレール沿線沿いの観光名所である大船観音と江の島神社、富士山の遠景が描かれた「湘南散歩編」です。お買い求めは、鎌倉駅、大船駅、藤沢駅、逗子駅、小田原駅の大船軒各売店で。大船軒の代名詞ともいえる鰺寿しと贅沢な小鯛の押寿しがたっぷり堪能できる逸品。大船の最強タッグが生み出した嬉しい駅弁、ぜひご堪能あれ!
 *駅弁は、新型コロナウイルスによる影響をご注視いただき、販売状況をご確認の上お買い求めください。

湘南モノレール株式会社

住 所/鎌倉市常盤18
電 話/0467-45-3181
H   P/http://www.shonan-monorail.co.jp/<外部リンク> 
 

(5) 新会員 紹介 2020.1~

新会員の皆さま 
業種 店名・会社名 住所

観光・レジャー

 一般社団法人Petit Train

鎌倉市佐助

不動産

明治地所株式会社<外部リンク>

鎌倉市岡本

宿泊

Keeyls株式会社<外部リンク>

東京都港区新橋

医薬品メーカー

大塚製薬株式会社<外部リンク>

横浜市西区

菓子製造業

鎌倉いにしえにし 荷預け処<外部リンク>

鎌倉市御成町

イベント企画

南北朝時代を楽しむ会<外部リンク>

東京都港区

土産 モルタルマジック株式会社<外部リンク> 鳥取市

(6)観光協会主催行事の中止について

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、当協会では3月30日、31日に実施予定だった鎌倉プレミアムツアー「僧侶と歩く鎌倉十三仏参り」、4月12日~19日の「第62回鎌倉まつり」をそれぞれ中止といたしました。急激な感染拡大を受け、収束時期の見極めもできないことから、やむを得ず中止の判断といたしました。
 伝統ある鎌倉まつり、協会初の行事である十三仏参りを中止とするのは、開催に向けて着々と準備を進めてきただけに非常に残念でしたが、社会情勢を鑑みると避けようのない決断となりました。
 両行事とも次回開催の際には、皆さんに喜ばれるよう努めますので、引き続きご協力、ご支援の程、宜しくお願いします。

ー協賛社ー

 豊島屋様<外部リンク>
 

 

 

 

  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>