ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

まるで鎌倉時代⁉ おもしろ、楽しい武士フィギュア


 ミュージアムのような鎌倉武士フィギュアが終結

 2019年10月、鎌倉市御成町2-9にオープンした「鎌倉歴史工房」。”鎌倉武士”をモチーフにしたペーパークラフトフィギュアの制作、販売を手掛けています。頼朝、義経、政子はもちろん、大河ドラマの決まった北条義時や名もなき郎党、小袿姿の女性など、実に豊富なバリエーションのフィギュアたちがお客様をお出迎えしてくれます。

 騎馬武者
 △精巧につくられている騎馬武者

 武士サーファー
 △サーフボードを手にした武士の姿も!

盆栽のようになれば…

 オーナーの宮本さんは、定年退職後に一念発起して、ペーパークラフトの専門店を開きました。サラリーマン時代の50歳の頃から、「定年後は大好きな鎌倉で何かやってみたい」と思い始めるように。見よう見まねで始めたペーパークラフトは年々知識と技術が向上し、現在の鎌倉武士の世界に行きつきました。
 コンセプトは「鎌倉武士をツールとして、鎌倉時代の歴史をビジュアル化して楽しむ」こと。「皆さんの家庭の生活空間に鎌倉時代の空間を置く『盆栽』のようになれば…」と宮本さん。そのために、ペーパークラフトフィギュア「鎌倉武士」を活用したミニジオラマ作りの楽しさを広げ、子どもから大人、外国人旅行者にも伝えていきたいと願っています。
 鎌倉土産にも最適で、Sサイズで一体2,000円~、Lサイズで2,500円~と安価。海外へのお土産として購入する方もいらっしゃるようです!

 オーナー作業中
 △小さいもので2時間程度、大きいもので4時間程度の制作時間を要します

 作品ジオラマ
△一体一体がすべて宮本さんの手作り。サムライ好きの欧米系旅行者が訪れることも。

鎌倉歴史工房のこれから

 鎌倉武士のベースとなるフィギュアをもとに、「紙人(かみひと)」と名付けた汎用性のあるフィギュア作りも展開しています。女性シリーズや郎等などは、ベースとなるフィギュアに衣装を着せたもの。もともとは「ヒト型」なので、古代から現代まで、どの時代にも対応可能だとか。最近では、自身の顔写真やイラストからオリジナルフィギュアの創作を開始するなど、その創作意欲は衰えることを知りません。
 また、このフィギュア制作は高度なスキルを要しますが、自分でも作ってみたいという方には、作り方教室も開くとのこと。お気軽に相談してみては。

 オーナー店内にて
 △鎌倉武士に囲まれる店内で宮本さん

 

 鎌倉歴史工房

住所:鎌倉市御成町2-9 H-KAMAKURA2-C
電話:0467-33-6236
営業:10時30分~16時30分
定休:日・月(不定休あり)
H  P:www.kamakurahs.com/<外部リンク>
MAIL:kamakurahs2019@gmail.com

 

  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>