ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「能を知る会鎌倉公演-能の鬼女のさまざま-」


能を知る会

令和元年7月15日海の日の「県民のための能を知る会」朝の部は、源氏物語を題材とした曲の中でも人気曲の「葵上【あおいのうえ】」を上演致します。舞台設定と致しましては、源氏の正妻[葵上]が祟られ病床に伏せっている場面から始まります。そして梓巫女という巫女の手により怨霊が光源氏に恋い焦がれる[六条御息所]の生霊だと判明し、最後には横川の小聖の法力によって調伏されるという曲です。

昼の部は、陸奥は安達原に棲むといわれていました鬼婆が登場致します「安達原【あだちがはら】」を上演致します。「陸奥【みちのく】の安達原の黒塚に鬼こもれりというはまことか」という和歌を題材にした曲となっております。前場はわびしい山奥で暮らす女性が糸巻きをして見せ、間狂言は見るなと言われた寝室をあれこれ手を尽くして覗き見し、鬼婆の住処だと見破ったあとに追いついた鬼女を山伏が調伏するという見どころの多い曲です。

最初に国文学研究資料館教授の小林健二氏による講演と、狂言は午前の部「節分【せつぶん】」、午後の部「瓜盗人【うりぬすびと】」となっています。

能には現代語と英文での字幕もあり、どなたでも能楽をお楽しみ頂ける公演となっております。

基本情報

日時

◆日時 令和元年7月15日(月・祝)
朝の部10時00分/昼の部14時00分

場所

◆会場 鎌倉能舞台(江ノ電長谷駅下車徒歩7分)

実施内容

◆演目
(朝の部)10時始め
・講演「能の鬼女のさまざま~晴れやらぬ怒りと悲しみ~」小林 健二
・狂言「節分(せつぶん)」善竹 十郎
・能「葵上(あおいのうえ)」中森 貫太
・質疑応答 中森 貫太

(昼の部)14時始め
・講演「源平合戦を彩る女達~思いは木曽義仲とともに」小林 健二
・講演「鬼の鬼女のさまざま~見てはいけない秘密の部屋~」小林 健二
・狂言「瓜盗人(うりぬすびと)」善竹 富太郎
・能「安達原(あだちがはら)」中森 健之介

対象

一般(小学生高学年以上可)

募集人数

午前・午後とも定員は160人

費用

◆入場料 5,500円 (プラス1,000円で座席指定可能です)

申込方法

◆お申し込み・お問い合わせは鎌倉能舞台まで。

電話 0467-22-5557
HPアドレス  http://www.nohbutai.com/
フェイスブック http://www.facebook.com/nohbutai
eプラス 
午前の部 https://eplus.jp/sf/detail/2881070001-P0030001
午後の部 https://eplus.jp/sf/detail/2881120001-P0030001

お問い合わせ

◆お問い合わせ:鎌倉能舞台

電話 0467-22-5557
メール webmaster@nohbutai.com
  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>