ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第61回鎌倉薪能について

 薪能発祥といわれる奈良、京都に次ぐ歴史を有する鎌倉薪能。1959年より受け継がれてきました伝統の古典芸能は、今年で61回目を迎えます。
 鎌倉宮の杜に囲まれた野外特設舞台は、独特な雰囲気を醸す幽玄の世界に包まれます。第61回鎌倉薪能では、能を金春流・宝生流による「黒塚」、狂言を和泉流による「成上り」と見ごたえのある演目を披露します。鎌倉薪能を毎年観られている方はもちろん、まだ観たことがないという方も、この機会にぜひご堪能ください。

      薪能①
       篝火に照らされ幻想的な雰囲気に包まれる特設舞台

概 要

  1.  日程:2019年10月11日(金曜日)、10月12日(土曜日) 雨天中止
  2.  時間:午後5時開場、午後6時開演 
  3.  会場:鎌倉宮(鎌倉市二階堂154)
  4.  料金:S席12,000円、A席9,000円、B席7,000円(税込)
         *解説入りパンフレット付き
         座席表 [PDF]
  5.  購入:tel 0570-08-9966(8月1日~受付開始)10時~18時
        ホームページ  http://www.cnplayguide.com/kamakura_info<外部リンク>
       (午前2時~6時まで申込不可) *売り切れ次第、終了となります

演目・出演者

 ●10月11日(金曜日)
  金春流 素謡 翁   金春 憲和  
  金春流 仕舞 八島  山井 綱雄
  金春流 仕舞 野宮  本田 光洋
  和泉流 狂言 成上り 野村 万作
  金春流 能  黒塚  金春 安明

 野村万作 (政川慎治)
     野村万作 (撮影:政川慎治)
 ●10月12日(土曜日)
  金春流 素謡 翁   金春 憲和
  金春流 仕舞 八島  辻井 八郎
  金春流 仕舞 野宮  高橋 忍
  和泉流 狂言 成上り 野村 万作
  宝生流 能  黒塚  大坪 喜美雄
 黒塚
        「黒塚」(宝生流)

演目解説

 狂言 「成上り」

 太郎冠者(シテ)が主人(アド)の供をして鞍馬寺に参詣し、主人の太刀を預かり通夜をする。眠った太郎冠者は、すっぱ(騙り者)(アド)に太刀を青竹にすり換えられてしまう。翌朝、太郎冠者は青竹を隠し持って供を続けるが、物が成り上がっていく話を主人にして、太刀が青竹に成り上がったと言う。主人は寺で太刀がすり換えられたのだろうと推測し、太刀を持っている者が道を通るのを待ち構える。主人がすっぱを捕らえると、太郎冠者は……。
 太郎冠者が次々と語る、あるモノが別のモノへと成り上がる話が眼目。


 能 「黒塚」
  黒塚
 
   「黒塚(雷鳴ノ出)」シテ辻井八郎 撮影:辻井清一郎
 
 諸国を廻って修行をする阿闍梨祐慶(あじゃりゆうけい)(ワキ)が従者(ワキツレ)を伴い、陸奥安達ヶ原を訪れる。祐慶たちが一軒の庵に宿を乞うと、女(前ツレ)が一行を内へ招き入れる。女は枠桛輪(わくかせわ)(糸車)で糸繰りのさまを見せ、憂き世の辛さを謡う。やがて夜が更け、寒さが増したので、女は薪を集めに行こうとする。女は「閨(ねや)の中をけっして見てはいけない」と祐慶に言い、山へ出かけて行く。しかし祐慶が眠りにつくと、能力(のうりき)(山伏の召使い)(アイ)が閨をこっそりのぞいてしまう。閨に死体が山と積まれているのを目にした能力は、祐慶に報告。驚いた一行は逃げ出すが、鬼女(後シテ)となった女が約束を破ったことを恨み、襲いかかる。
 安達原の黒塚に鬼が住むという伝承を基にした能。単に恐ろしいだけではなく、人間的な苦悩をも感じさせる鬼女が登場する。女が枠桛輪を回しながら謡う「糸尽くし」の歌も聞きどころ。

 

 チラシ
 薪能チラシ [PDFファイル/1.34MB]

注意事項

  ※座席はすべて指定ですが、位置の希望はお受けできません。
  ※入場券の販売は売り切れをもって締め切りとさせていただきます。
  ※入場券購入後の変更は一切できません。  
  ※中止の場合の旅費等の補償はできません。
  ※開演後の入場については制限させて頂く場合があります。
  ※小学生以下の入場はできません。
  ※ペット連れでの入場はできません。
  ※会場内での撮影、録音はできません。
  ※駐車場の用意はありませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
    ※悪天候により中止の場合でも旅費などの補償はできません。
  ※雨天等で開演前に中止となった場合は料金を払い戻しいたします。


  

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

  • アクセス
  • Q&A
  • 旅のお役立ち
  • 観光パンフレット
  • フォトライブラリー<外部リンク>